Bohemian Rhapsody

d0266183_17405686.jpg

今更ですが、ボヘミアンラプソティー観てきました♬

前から観に行こうと思っていたのですが、色々あって今になってしまったw

今でこそアイドルヲタではありますが、その昔、中学時代は邦楽ロックンルールでキャロルやクールスにハマり、
高校に入学する頃は、友人の影響で洋楽に転向w

ビートルズから始まり、特に夢中になったのが当時ハードロックと呼ばれて居たレッドツッペリンやディープパープル。
現代の様に簡単にネットで観る事の出来なかった時代ですから、ラジオや深夜の音楽番組で紹介される程度で、
気に入ったバンドを見つけたら詳しく知るために音楽雑誌などで調べていたりしてましたね。

そんな時、ラジオから流れてきた曲がQueenの『キラークィーン』という曲に衝撃を受けたんですよね。
でっ その時に聞いた話か雑誌で知った情報だったかは忘れてしまいましたが、
最初の頃のQueenの評価はイギリス本国で、あまり良くなかった事がありましたね。

無骨なハードロック全盛期でしたからQueenの楽曲は、メロディアスでもありポップな感じもありましたから
軽く見られていたんじゃないかと。衝撃的な言葉に『しょんべん桶』と形容されたことに驚きました。
勿論、その後一転し素晴らしい評価に変わったのはいうまでもありませんが(笑

まっ 僕的には好きなグループでしたからそんな事は関係なく聞いていたわけですが、
その後に発売されたアルバム、『オペラ座の夜』では今までにないロックの表現の仕方に度肝を抜かれましたね。
雨戸を閉めて電気を消し、大きな音量でこのアルバムを聴くのが僕の日課になっていましたwww

ってな感じで、当時大好きなロックバンドの一つでした。

映画の感想ですが、やはり観て良かったですね。
一番好きだったアルバムの制作過程が見れたのが嬉しかったです。
ラストのウェンブリースタジアムでのLIVEシーンはまさにQueenが降臨していましたね。
心を大きく揺さぶられ涙が溢れてきました。

いやぁ〜 久しぶりに良い映画観ましたね。
観ていない方が居れば、是非オススメです。
今更ですが(爆






# by kom2002 | 2019-01-08 18:46 | 徒然日記 | Comments(6)

部分日食♬

d0266183_10531089.jpg

三年ぶりの部分日食って事で、自宅のベランダから観測。

日食グラスを持っていないので色の濃いサングラスや赤いポリカーボネート

のDVDジャケットなどを利用して何とか観る事が出来ました。

目をやられるとヤバイので超短時間で確認しながら(笑

せっかくなので写真を撮ろうと四苦八苦。

設定も解らず、色々試して赤いポリカでレンズを覆い。。。

取り敢えずこんな感じで撮れました。

ファインダーを覗くのはヤバイと思いましたので

適当に何枚も撮って見た結果、これが一番良いかなぁ〜

なんて事でアップしてみました♬

ヘボな写真ですいません(笑







# by kom2002 | 2019-01-06 11:00 | 徒然日記 | Comments(2)

New year 2019

d0266183_08595891.jpg

平和な世の中でありますように

2019.1.1




# by kom2002 | 2019-01-01 09:03 | 徒然日記 | Comments(6)

DeAGOSTINI DELOREAN 11

d0266183_19294832.jpg

今回で99号まで進みました♬
普通なら100号のキリ番でアップしようと思ったのですがねw

取り敢えず、マルチメータを使って断線を探ろうかと思い、
5号ほど逆戻りしてシャーシとボディを外して点灯チェックした所、
普通に点灯してくれました(笑

やはり無理やりシャーシとボディを合体させた時に配線を挟んでいた様です。
厳密に言えば、2箇所ほど点灯しない場所があるのですが、
目立たない所なのでその位は良いかなぁ〜 なんてね♬

まっ そんなこんなで年末です。
年末の休みは今日の日曜しかなかったので、朝からあっちこっち掃除して
気がつけば暗くなってましたね。

今年一年は色々な事がありすぎて。。。

来年は平穏でありたいと心からそう思います。

本年もこの拙いブログを見て頂いた皆様、ありがとうございました。

良い新年をお迎えください。







# by kom2002 | 2018-12-30 19:29 | DeAGOSTINI DELOREAN | Comments(6)

Recollection 3




d0266183_19071723.jpg


More
# by kom2002 | 2018-12-24 19:10 | 徒然日記