生誕15周年 モーニング娘。

1997年、番組から誕生したモーニング娘。は今年9月で15周年を迎えた。

女性ロックボーカリストオーディションの落選組で結成され、結成当時は5人のメンバーも現在は卒業加入を繰り返し11人となっている。

モーニング娘。と言えば、1999年9月に3期で加入した後藤真希が爆発的なブームを巻き起こし、当時は国民的アイドルグループとしてメディアで見ない日が無い位の人気者。老若男女、知らない人は居ない位な存在であった。その後、人気メンバーの卒業や恋愛問題での脱退などで人気は下降。時代の流れと共に世間一般では忘れられた存在になって行った。

2007年、藤本美貴がスキャンダルで脱退し、5期メンバーの高橋愛にリーダーがバトンタッチされ長く低迷する時期を活動する事となる。人気絶頂期の2000〜2006辺りまでを黄金期と呼ばれ、この高橋愛がリーダーを勤めた辺りから亀井絵里、リンリン、ジュンジュンが卒業する2010年頃までをプラチナ期と呼ばれている。CDセールスやメディアでの取り上げは激減され、NHK紅白の出演も無くなり存続も危ぶまれていたが、実は、この時期の楽曲は素晴らしいものも多く、パフォーマンスはアイドルの範疇を越え、専門家の間でも評価の高い時期でもあった。中国からの留学生リンリン、ジュンジュンの加入を最後に、固定されたメンバーで長く活動出来た事とメンバーの年齢も近い事から、パフォーマンス重視の展開に一番マッチした時期でもあった事が結果として現れたと思われる。海外に活動を展開して居た時期でもあり、中国、台湾、フランスなどでのファンの獲得。中南米辺りのファン心も虜にする活躍があった事は、一部のファンや関係者しか知らない事が非常に残念である。

因に僕が本格的にモーニング娘。のファンになりだしたのは、このプラチナ期の映像を見て衝撃を受けた事が発端で、2010頃からその魅力に取り憑かれている。

2011年9月に高橋愛、2012年5月に新垣里沙と最後の5期メンバーが卒業し、6期メンバーの道重さゆみが新リーダーとなり、新たなるモーニング娘。の歴史を刻む事となる新生モーニング娘。

僕は一ファンとしてこの魅力あるグループの存在を知らない人に知って欲しい。切にそう思っている。

最近、少しづつではあるがメディアで登場する機会が増えて来たように思う。ただ、まだまだ世間的には終わったクループの感があるのは否めない事。現メンバーが頑張っている所を少しでも見て頂きたくてブログアップしました。

因に彼女達の最大の魅力は口パクなしのガチンコ勝負のLIVEにあると思っています♬
現メンバーは6期の道重さゆみと田中れいなを除いては、9期で1年半、10期では1年程の経験しかありませんので、パフォーマンスもプラチナ期までは及びませんが、とても魅力あるメンバーでその成長の速度は計り知れないものがあります。成長を見れる、応援する事がもう一つの魅力。
前リーダーの新垣里沙が言った言葉に『モーニング娘。は、何時でも今が一番良いんです♬』
過去ではない、今が最も輝いている旬な時だと僕も思っています。
新リーダー道重さゆみの目指す、可愛くてカッコ良いモーニング娘。に確実に一歩一歩近づいている彼女達からますます目が離せません♬


最後に10月10日に発売される51stシングル『ワクテカ Take a chance』のMVを貼っておきます。


完成目前バージョン♬

      

ダンスショットバージョン♬

      

どちらも好きだけど、フォーメーションのよく解るダンスショットバージョンが好きかなドキドキ
[PR]
by kom2002 | 2012-10-08 07:36 | アイドル | Comments(0)
<< まったり管釣りなう♪ ツアートラック♪ >>